Wordpress/Web

仕事になるまで遊べ!フィギュアオタクがレビューサイト運営するまで(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
仕事になるまで遊べ|aoringo事務所

前回の記事(仕事になるまで遊べ!フィギュアオタクがレビューサイト運営するまで(1))の続きをかきます。前回はまったく本題に入れませんでしたので急ピッチで進めたいと思います。

サイト作成に時間がかかってコンテンツに集中できない問題

フィギュアレビューサイトは、はじめ無料ブログではじめました。たしかJugemブログだったような気がします。しかしブログでは覆ったようなレイアウトにできないですし、もっと自由がきくサイトを作成することにしました。当時も少しだけhtmlやcssの知識はあったので、いざ!とサーバーをレンタルし、はりきってドメインまでとりました。

ホームページ作成ソフトBiND2を購入

けれどスキルがあまりないものですから、思ったようなレイアウトになかなか出来ません。肝心のコンテンツ作成にたどり着くことができなかったのです。これではだめだ!と思い、こうなったらかんたんにレイアウトができるホームページ作成ソフトを使おう!と思いました。そこで出会ったのがBindというソフトです。当時はBindがまだ出たばかりでバージョンはBind2でした。頻繁なアップデート、そのたびにソフトが改善されていく様子が当時はワクワクしましたね。

ひさしぶりに検索してみると、現在はBind9にまで進化しているようです。わたしが最後に使ったのはBind3だったので、それに比べたらかなり良いものになってるんだろうなぁと思います。当時からいいサイト作成ソフトでしたから。

自動作成ソフトの問題点

ただ、写真などの画像を多く使う場合は、かなり重くなってました。あとはサイトを分けねばならない難点、そして自動作成ソフトにありがちな「無駄なコードがはいりまくる」問題も、もちろんありました。

それでも、サイト作成のスキルが足りない人や、そこまでお金や時間ををかけられない人にとって、コンテンツ作成に集中できるという点でこのソフトはかなり優秀だったと思います。オススメ!

※現在の紹介ページの感じ
ホームページ作成ソフトBiND9|aoringo事務所

Bind9、ちょっと使ってみたいです(*^^*)
ホームページ作成ソフト【BiND9】

自動作成ソフトのSEO的な問題点って?

無駄なコードが入ることで、SEO的にどうなの?とギモンに思われる方もおられるかもしれません。おそらく、無駄なコードはないに越したことはないと思いますが、わたしがBiNDで作ったサイトを2つ運営していた経験からいうと、そんなに気にしないでいいと思います。画像のタイトルや、各ページの見出し<h1>や<h2>をきちんと設定して、ユーザーフレンドリー設計をこころがけ、迷わないように適切にリンクを誘導する、こうしたことを意識して作成していました。

なので、当時はONE PIECEに関してはとくにアクセスが多かったです。
ただ、当時のアクセス解析のログをまったく残していないという最悪の管理体制の自分を殺してやりたいです、ほんとに。

当時BiNDで作成したサイトはこんな感じでした。
りこぴん摂取:萌え&燃えなフィギュアレビューサイト|aoringo事務所

意味不明なタイトルが、今になると意味不明でこっ恥ずかしいですが、「女性によるちょっとおしゃれな雰囲気も漂わせるフィギュアレビューサイト」を意識していました。文字にすると恥ずかしさしかないですね。

いかにも広告ではなく、コンテンツのひとつにしてしまう

このTOPページをご覧頂くとわかるのですが、右側に並んでいる画像はアフィリエイトの広告です。発売予定の新作フィギュアが表示されるようにしていました。これは、契約しているアフィリエイトプログラムから、商品自体へリンクを貼るので、ちまちま更新するマメな作業が必要でしたが、大好きなフィギュアの最新情報を仕入れつつできる作業だったので、全く苦ではありませんでした。

TOPページ以外にも、各レビューページの記事下には、必ず関連作品へのサイト内リンクと合わせて、関連商品の広告リンクものせていました。こうしたことはアフィリエイトの基本なので、皆さんされていると思います。いかにも広告!ではなく、訪問する人にとって有益な情報をアフィリエイトで補完するというスタンスが、無理がなくてわたしは好んでおりました。

売れる商品がわかるようになってくる

そんな感じで、趣味が高じてやっていることなので更新がどんどん進むわけです。
楽しくて仕方がないわけです、本当に寝ずに食事もとらずにやる日もありました。更新が頻繁だと、訪問者もおのずと増えます。毎日のように複数のショップサイトも確認するので、商品知識も増えていきます。流行っているアニメ、人気のあるキャラクター、売れやすい形、メーカー、原型師、コンセプト、レア企画、プレミアムのついている作品、またはつきそうな作品などなど、膨大な知識量を得ることになりました。

その知識をもとに、サイトに貼る商品リンクも工夫していました。売れ線はとりあえず抑えていましたが、どこのサイトにも画像が貼ってあるため、ほかのサイトさんが紹介していないようなアイテムを混ぜることも意識していました。ちょっとマニアックな、わたしのサイトならではの商品紹介です。

わたしが好きな映画や、イラストレーターさんの原画が元になったフィギュアがそれにあたります。
シザーハンズ_コスベイビー|aoringo事務所
ゲゲゲの鬼太郎_妖怪大行進|aoringo事務所
山下しゅんや_しょうこさん|aoringo事務所

売れ筋は抑えつつ、他サイトと差別化するのがこだわりでした。

入り口を2つにすることで集客効果を増やす

わたしの場合は、フィギュアの中でもONE PIECE関連が軍を抜いて多かったし、情報も整理したかったのでONE PIECEファンサイトとして独立させることにしました。そうすることで、ONE PIECE目当ての訪問者がよりアクセスしてくれることになり、もともとのサイトとONE PIECE専門サイトをつなげることで、フィギュアサイトへの誘導も兼ねました。

ONE_PIECE_Room_by_Rikopinn|aoringo事務所

これらも全てコンテンツを充実させることができたからこそです。さきほどと同様、左側はサイトコンテンツ、右側はアフィリエイトによる商品紹介です。BiNDサマサマでしたね、ほんとに。

300円が8000円になる世界

フィギュアは高いんです。スケールモノなら安くても3000円代〜ちょっと凝ったものだと8000円代はかるくします。買いそびれて手にはいらなくなったフィギュアは、まんだらけやヤフオクで高額で入手するしかありません。ひどいときには、300円の食玩のシークレットに8000円の値段がつくこともありました。レビューのためだ!と、泣く泣く購入したこともありますし、逆に同じような倍率で売れたこともあります。フィギュアや食玩のおもしろさは、まさにこういうところにもあるんです!

目利きになれば、どこにプレミアがつくか読めるようになってくるんです。

広告収入からいかに購入につなげるか?

服やコスメを多少ガマンしてでもやりたい!まさに、この記事をかくきっかけになったキングコング西野さんのブログ記事【仕事になるまで遊べ】を地で行ってるような感じですよね。「好きを徹底的にやる!」です。そうして楽しんでサイトを運営していると、そのうちまとまった広告収入がはいるようになってきました。

これの内容ですが、わたしのサイトを通じてネットショップへ訪問した方が、そこで買い物をすることによって、わたしに紹介料として売上の数%が入る、という仕組みによってです。クリックされて発生するタイプの報酬も利用していましたが、うちのような弱小サイトでは大きな額は見込めませんでした。

つまり、確実にその先にある商品を買いたくなるようなサイト設計、そして誘導ができていたからこその結果だったと自負しています。そこは、徹底して意識してつくりました。といっても、難しいことではありません。

⇒その記事を見た人は、その記事に関する情報をさらにみたいだろうなあ。
⇒じゃあ、関連するリンクや商品を紹介してあげよう!

という、それだけのことです、

そこにアフィリエイトをもってくるだけのことでした。利用していたアフィリエイトサイトは、A8ネットamazon商品リンクのみです。サイト作成もお金と時間がかかってるので、紹介料として少し広告はらせてねっていうだけのことです。とはいえ、まあ多いときで月に8万円とかのレベルでしたが。死ぬほど稼いでるアフィリエイターさんからすれば、ピンとハナクソのように弾き飛ばされるかもしれませんね。すみません。※ハナクソは飛ばさずティッシュにつつんで捨ててくださいね。

それでも収入は収入!

それでも、その収入をフィギュア購入に充てることができていました。ただしフィギュア購入をすると若干マイナスでした。+の利益がでていない時点で成功とは言えないのですが、好きをとことん突き詰めて、それを継続していく程度にはこぎつけたわけです。

はじまりがあれば、終りがあるというわけで

おかげさまで、しばらくとっても楽しい経験をさせていただきました。
ONE PIECEという素晴らしい作品を徹底的に好きになって、とことん好きを形にしました。ロロノア・ゾロへの恋心からはじまり、最終的には赤髪のシャンクスとベン・ベックマンが性的に絡み合う薄い本に手を伸ばすまでには、ONE PIECE愛をこじらせました。

フィギュアという世界を知って新しい楽しみを知りました。あの頃に培ったフィギュアの知識は、今はとくに人生において役に立ってませんwが、写真撮影をするうえで得た知識や画像加工のスキルは今のデザイン制作に活きてますし、ユーザーを適切に誘導することの大切さも学びました。

誠実にコツコツとサイトをつくれば、必ず訪問は伸びる、見てくれる人がいる、それが実感としてわかったのは大きな収穫でした。その後、エース処刑前後の社会現象にまでなったONE PIECEバブルを経て、燃え尽きたわたしの心は灰になり、ONE PIECEへの愛が次第に冷めていくことになったのです。同じくして、フィギュアへの興味も徐々に薄れていきました。そして、その熱はつぎに、猫へシフトしていくことになるのですがw (節操なさすぎますね)

まとめ

西野さんが言ってるように、好きをトコトンやればそれなりに形になるとは思います。
好きなことはあるけど、どこまでのめりこめるか分からない、という場合はまずサイトやブログを立ち上げてみればいいと思います。そこで情報収集をしながら、自らも情報発信していくのです。そこで「好き」がどれほどなのかわかると思います。

本当に「好き」なことなら、勝手にどんどん深みにハマっていくことでしょう。
食べるのも寝るのも忘れて没頭できること、それを何かの形で仕事につなげれれたらラッキーですね。

わたしも、またそれほど夢中になれる何かを探したいです(*^^*)
長文読んでいただきありがとうございました!

※この記事をかくために過去のサイトデータをほじくりかえしたので、
せっかくのレビューを紹介するためのサイトを、サイト作成の勉強をかねてやろうかなと考えています。

            

コメントを残す

*

CAPTCHA