Wordpress/Web

WordPress〜はじめの初期設定と小テーマ作成まで〜2017版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Wordpress

新しくはじめるWordPressでサイト運営

2017から心機一転!アメブロでブログをはじめました。
でも、やっぱり色々物足りないことやバックアップなど不安要素もあったので、思い切ってWordPressでもサイトをつくることにしました。毎度のことながら、WordPressを導入したらまずやるべきことをやります。毎回、グーグル先生で検索をして参考記事をみながらやっています。
今後の備忘録として記事をかくことにしました。

独自ドメインとレンタルサーバー

これまでもそうであったように、今回もサンタルサーバーはロリポップ、ドメインはムームードメインを選びました。かれこれ20年近く、お世話になっている組み合わせなのでこれ以外は使い慣れてないのです┗(^o^;)┓

ロリポップは、かんたんインストールでWordPressを導入できるのでおすすめです。

テーマの選び方

WordPressのテーマというのは、デザインテンプレートのようなものですが単なるデザインだけではなくて、サイトの構成そのものがガラリと変わりますよね。そして国内外合わせるとたっくさん!!のテーマがありますから、どれにするか迷いに迷う「テーマジプシー」さんも多いとききます。わたしも、かつてはそうでした。自分で好きに作れるなら一番いいんですが、作り込んでいくとけっこうなスキル要求されちゃうのでなかなか難しいものです。

日本語テーマ「Xeory」の導入

今回は、初めて日本語版テーマをつかっています!
しかもあの「バズ部」さんが無料提供している、高品質のテーマ「Xeory」です。このテーマ、フォントも行間もなにもしなくてもすごく読みやすくてきれいだし、今までの苦労はなんだったんだ〜って思うほど快適です。良質なSEOを目指した機能も満載だし、このクオリティが無料で使えるなんてすごいです。ろくに英語が読めないわたしにはほんと有り難いです。

wordpressテーマ「Xeory」導入ページ

Xeoryインストール後の初期設定

子テーマ作成忘れずに

初心者のXeory Base子テーマ作り!!追加ソフト不要/Mac

直接テーマのcssをカスタマイズしちゃうとアップデートするたびになくなってしまいますので、子テーマを作成してカスタマイズがアップデートに影響されないようにします。

WordPressは初期設定が肝心!

常に新しい情報が更新されるWebの世界。なので、そのたびに良質な記事を優秀な方々がかいてくださってるので、参考にしています。
いろいろ出てきますが今回参考にした記事です。

【完全版】ワードプレス初心者のためのインストールから初期設定までの手順書

これ読んだら準備はバッチリです。

WordPressをどんどん便利にするプラグインたち

WordPressを活かしたい運営者必見!絶対必要なプラグン16選+4(アクセスアップ)

準備が整ったら、便利なプラグインをのせていきましょう〜

投稿を便利にするビジュアルエディター「TinyMCE Advanced」

TinyMCE Advanced の設定方法と使い方

動画アップやテーブル作成など、便利なのでとりあえずいれています。

サイトまるごと自動でバックアップ「BackWPup」

サーバー&DropBoxへ自動バックアップ!「BackWPup」

バックアップってふつう月額1000円とかかかるんですけど無料でできちゃうらしいです。
保存するときのアーカイブ形式は、winなら「zip」、わたしはmacなので「Tar GZip」がいいみたいです。設定さえしちゃえば後は自動的にバックアップしてくれます。

お問い合わせといえば「Contact Form 7」

Contact Form 7の使い方

お問い合わせコンテンツといえばこのプラグイン一択という方がほとんどなのでは?
とりあえず導入します。

サイト情報をGoogleへお知らせ!SEO重要プラグインたち

Google XML Sitemapsの設定方法

サイトマップを自動生成して、Googleへお知らせしてくれるというプラグイン、更新のたびに新しい情報をアップロードするため、サイトの信用度も高まりSEOにたいへんいい効果をもたらしてくれます。せっかくだから少しでもたくさんの人に見てもらえるように工夫したいところ。

サイト更新後、すぐインデックス!PubSubHubbub

Googleに速くインデックスしてもらうことは重要です。

サイトを軽くしてユーザーに優しく

WordPress、重いなって微弱コンテンツのうちでも思うほどなので、深刻なサイトさんは多いのだろうな〜と思っています。とりあえずここは未導入ですがあとから導入するかも!っていうプラグインを記録しておきます。

画像を自動で圧縮化!「EWWW Image Optimizer」

スクロールによる画像遅延読み込みするプラグイン Lazy Load

サイト表示時の転送データの80%は画像だそうです。表示されない部分の画像を読み込まないようにして表示速度を早めるプラグインです。これは、導入することに。

初期設定で生じたトラブル

サイトアドレスとWordPressアドレスを変えたら表示されない

設定で、WordPressデータをおいているフォルダ(例:http://◯◯◯.jp/wp/)と、使用したいアドレス(http://◯◯◯.jp/)を別にすることができますが、これだけだと表示されなくて、index.htmlをいじったりしないといけなかったですね、忘れてて「なんで表示されないんだ〜」としばらく悩んでいました。

参考⇒WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)を別にする方法

まとめ

とりあえず、ここまででサイトの基礎ができた感じです。
WordPressの初期設定は本当に大切です、建物でいえば基礎工事。
ここをしっかりやっていくことで、あとのコンテンツ作りに集中もできます。

次は、見た目のデザインカスタマイズをやるぞ〜\(^o^)/

            

コメント

  1. 山田アミカ より:

    コメント残せます

コメントを残す

*

CAPTCHA