不動産業のお勉強

理想の育児論、子どもは社会からの預かり物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
育児|aoringo事務所

シングルマザーで家主といえば、この方!

わたしと同じシングルマザーでバリバリの大家業を営んでおられ、健美家にコラムを執筆している星野陽子さん。いつもコラムを読んで学ばせていただいています。大家業のことだけでなく、元外資系銀行員でらっしゃるのであらゆる投資にも精通されており、たいへん勉強になりますφ(..)

不動産業や投資のお話はもちろんなのですが、わたしは星野さんの育児論もとても好きなのです。義務としてやるべきことはやるがベタベタする感じはなくてでもたっぷりの愛情を文章の端々から感じます。その距離感が私の理想とするところに近くて共感を感じているんですo(^▽^)o

その中でもお気に入りの1節。

子どもは「 社会からの預かり物 」と思ってきたし、育てて社会へ送りだす( 独立させる )のが親の役目だと考えてきました。

とっても素敵な考え方だと思いませんか?(*^^*)
子供を私有化してしまう保護者さんも少なくない中、こうした理念のもとで育児をできることは素晴らしいなぁ、自分もそうでありたいと感じています(・ω・)子供は国の宝、日本の(または世界の)未来そのものです。社会のお役に立つことと自己実現を両立できるようになってほしいと思ってます。
…その前に自分がそうならなきゃいけないな…(T▽T;)
がんばれわたし(笑)

【 銀の法則 】
子どもも不動産も社会からの預かりもの。

参考リンク

星野陽子さんの不動産投資コラム

ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金・銀・銅の法則50
ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金・銀・銅の法則50

            

コメントを残す

*

CAPTCHA