日記

大阪市の幼児教育無償のはなしと次女の卒園。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
育児|aoringo事務所

え?ブログとかやってたんだ…?
くらいの勢いで更新してませんがひさしぶりにかきます。

保育園から幼稚園に移ったはなし

先日、次女の幼稚園卒園を終えました。
3年半の幼稚園生活、長かったような早かったような。

次女は、わたしの仕事の都合で1歳になる前から私立の保育園に預けていました。そこでもたいへんお世話になっていたのですが、4歳になる歳に夫の所得が一時的に上がったことを受けて、保育園の料金がマックスできてしまいました。6万円くらいだった気がします。

所得はあがったけど別に収入が増えたわけではないので、これは大変!と、長女の通っていた幼稚園に問い合わせて空きがあるか確認し、すぐに途中入園の手続きをしました。

私立の幼稚園なので料金は所得に限らず一定ですが6万円よりは安いし制服や体操服などは長女のものをとっておいたので支度金もそんなにかかりませんでした。

大阪市は幼稚園、保育園ともに幼児教育が無償

ちなみに2018年現在、大阪市では幼児教育無償のおかげで、4歳5歳はいずれも保育料が無料です。保育園等に関しても一部無料になっているそうです。幼稚園の月謝には雑費とか積立費とかPTA会費とか、延長ルームを使ってたりバスを使ってたりするとそのぶんかかりますし、安くても3万〜5万程度かかると思います。(もっとセレブ向けのところもありますが)
そのうち世帯の所得等に関係なく、保育料が無料です。
わたしの娘が通ってた幼稚園の場合でいうと毎月2万5千円がそれにあたります。

保育所の場合は、世帯の所得等に応じた保育料のうち、教育費相当額が無料になるそうです。

後から返納、ぶっちゃけキツかった

しかし、これは毎月これまでのように月謝の支払をして、年度末にそのお金が返納されるシステムになっています。積立貯金をしているような感じだと思います。小学校入学前のタイミングで30万円近くかえってきますので、色々入り用な時期に助かるともいえますが、どうせなら毎月の支払いの時点で無料になってたら、我が家なんかは助かるなあと思っていました…(-_-;)

ちなみに、大阪府の私学無償も同じで後から返ってくるんだそうです。
今までは有料だったのだから、この制度があるだけで本当にありがたい話でしかないんですが、ぶっちゃけ、そのとき払うのがしんどいんだよね〜(-_-;)

大阪はどんどん子供に投資をする街へ

まあ、そんな感じで大阪では色々と子育て世代には嬉しい制度がどんどん整備されていってます。中学生には毎月1万円の塾クーポンがあるし、医療費助成もそ18歳まで拡張されました。行政と民間企業がタッグを組んで、空いてる教室を使って塾を開いてくれたり、新しい教育システムを取り入れた学校をオープンさせるなど、ほんとうに子供への投資が活発なんです。

ちなみに平成30年度の大阪市の予算内訳ですがこども教育費は全体の22.7%もつかってます。都市部において長年の課題である待機児童問題についても、今年は昨年度の3倍の予算をつけて対応するのだとか。

話がかなりそれましたが、そんなわけでついに小学生デビューの次女。小さいと思ってたのに、やっぱりどんどん大きくなっていってしまうんですね。さみしいな。

そして今年はついに長女が中3になるので受験です!!
まだ志望校も決まってないし、成績もいまいちなんでどうなることやらです。

娘たちも彼女たちなりに、今を精一杯たのしみながらがんばってるんだから私もそれに応えられるうようにしっかり仕事をがんばらなあかんなって思います。コツコツ、目の前のことをこなしていきながら、歩みをとめないようにペース配分しっかりと、休むところは休んでやるときはやる!

わたしも今年で37歳。
ええかげん、ほんとにええ歳ですからね!┗(^o^;)┓

            

コメントを残す

*

CAPTCHA