イベント/セミナー

「第2回 2020おおさか」に参加してきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
シングルマザー33歳からの不動産業デビュー!

大阪の未来とビジネスのヒントを学ぶ

3/7(火)は、村上栄二さんの「第2回 2020おおさか」という集まりに参加させていただきました。誘ってくれたKくん、ありがとう(*^o^*)

村上栄二さんとは

村上さんは大阪で市議を務めた後、故郷である広島県福山市に戻り市長選に挑戦されました。たいへん厳しい戦いでした。わたしもほんとに微力ながらSNSで応援していました。前から知人を通じて、熱い人だよと教えてもらっており、初めてお会い出来るタイミングとなりました。

バルニバービ経営者・佐藤裕久さん

ゲストには、時価総額120億円にも達する、カフェ業界では異例の毎年15億円の売上を伸ばすバルニバービ経営者・佐藤裕久さんの貴重なおはなし。

不勉強でバルニバービという名前はこのときまで知らなかったのですが、GARBmonochromeGoodmorning Cafe…などなど、どれも行ったこともあるお店ばっかり〜。そんなヒット連発の会社を経営される方。

真面目一辺倒ではなくヤンチャな名残が消えない人間味があふれる本当に素敵な方でした。この人だからたくさんの人がついていきたいと思えるんだろう、その結果が業績そのものなんだろうなーと思いました。苦労して這いつくばって、それでも自分に負けないで生きてきた人の言葉は信頼できます。ひとつひとつがストンと腑に落ちました。

株式会社バルニバービ

大阪市営地下鉄元局長、藤本昌信さん

次に、大阪市営地下鉄元局長、藤本さんのお話。
大阪の未来、IR誘致ついてワクワクなお話をききました(*^^*)

藤本さんについては、お名前こそ存じていましたが交通局の局長さんというイメージしかありませんでした。実は色々な事業を展開する実業家さんでもあったのですねキラキラその視点で、とっても貴重なおはなしをきくことができました。

東京とは違う大阪の魅力・強みとは

かつては「東京は政治、大阪が商業」で住み分けができていた。現在は東京一極集中で政治も商業も東京が中心になってしまった。しかし、その一極集中に無理がきている。それでは、日本を2極でひっぱっていくために大阪がどのように在るべきなのか?

・新しい産業が生まれるスタートの街になること(医療やITなど)
・観光立国にむけて観光都市”関西”の中心になること

圧倒的観光都市関西の中心・大阪へ

関西が関東よりも観光に適しているのは明らかです。圧倒的な歴史的観光地である京都、奈良があり、和歌山も高野山や白浜が注目されています。神戸も実はなかなか人気スポットで毎日観光バスがすごいんですよ〜。
そして、その中心に
何でもアリ!のカオスな街「大阪」
がある。

最高ですо(ж>▽<)y ☆ワクワクしますo(^▽^)o
自分にどう関係あるのかわからないけどポケットに大事にナイナイしときます。

ほかにも、Kくん通じて素敵な出会いもありました♡
村上さん、ありがとうございました。

            

コメントを残す

*

CAPTCHA