不動産業のお勉強

クロ現「アパート建築がとまらない〜人口減少社会でなぜ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
不動産投資とリスク

眠る資産に忍び寄る魔の手?!

クローズアップ現代の特集「2015年5月11日(月)放送 アパート建築が止まらない ~人口減少社会でなぜ~」を、いまさらながら拝見しました。
無知はこわい…あの手この手でお金儲けをしようとしてる人たちがいるので、自分は騙されたりしないようにしなきゃ〜(ーー;)怖い。

資産活用、相続税対策などで、地方の空き地にアパートを建ててサブリースで運営するという投資計画を持ち込まれ安易に契約してしまい、思ったように運営ができずはじめの話と違うことになってしまう、という問題が多発しているそうです(・_・;)

賃貸経営の落とし穴

地方の駅チカでもない田園地帯にふつうのアパートを建てて入居者さんが見込めるはずは、ふつうはないと思います。人口は減少していて、都市部ですら空室が目立っています。そこに、とくに付加価値のあるわけでもないアパートやマンションを地方に建てても、それは空室になって賃料もとれず、返済にあてるお金が捻出できない、となってしまうと思います。

どこも、地方は空き家や土地をもてあましてるはなしをききます。かたや、東京の新築分譲マンションはバブル期の水準にまで高騰してるとか( °Д° )アセアセ

東京一極集中、不動産価格を知るとよくわかりますね。土地がないない!と言いながら地方には荒れ果てた土地がたくさん…

参考リンク

アパート建築が止まらない ~人口減少社会でなぜ~

            

コメントを残す

*

CAPTCHA